記事一覧

脳死は人の死ではない

現代医学では「人間の脳が人格そのものを支配している」と言う、考えから成り立っています。ですから脳の働きが停止すると、人間は全てが終わる。それが「死」であると、医学界では結論づけ一般常識化しています。だが色受想行識(五蘊ごうん)で判断すると「脳がいくらダメージを負い、活動停止の脳死状態」でも、身体が健在で心臓が活動している限り、それは人間の死とは言えません。人間の身体の凄いところは「目耳鼻口の四つの...

続きを読む

心とは何か

「心」とは色受想行識(五蘊ごうん)の働きに於いて想念を運ぶ媒体である。例えばラジオから流れる音声の媒体は「電波」であるのに対して、人間の口から発する生身の歌声の媒体は「心」である。一つの例として、一般的に歌に表現力を加えるために「歌に心を乗せて歌いましょう!」と言いますが、これを五蘊では「歌に心を乗せる」のではなく「心に歌を乗せる」と言います。ですから人前で唄うときは「心に歌を乗せて歌いましょう」...

続きを読む

クラゲの例え

<クラゲから学ぶ>色受想行識(五蘊ごうん)のメカニズムが最も分かりやすい、単純な生き物が「クラゲ」である。澄んだ水槽の中でフワフワと気持ち良さそうに、立派に泳いでいます。どう見ても透き通った身体には「脳や心臓」らしきものが見当たりません。このゼラチン状の身体は全身がセンサーで、外からの光や音、水温や水質など圧力等の波動の刺激を感知し、吸引と放出と言う生命の源に生きています。このクラゲのような脳も心...

続きを読む