FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感とは「四つの感覚器官の独立した働きと、それらを支える触覚(生命力)」

昔から人間には五感があると言われております。それは視覚、聴覚、嗅覚、味覚
それと触覚です。それら感覚器官は各自独立した働きを持っています。絵画を見る
のに聴覚、嗅覚、味覚などを用いる必要はありません。音楽を聴くのに視覚、嗅覚、
味覚は必要ありません。花の香りを嗅ぐのに視覚、聴覚、味覚などの助けを借りる
必要はありません。そして味覚は舌によって味わうので視覚、聴覚、嗅覚の必要は
ありません。このように四つの感覚器官が独立して働くことを証明しています。

しかし、この時点では四つの感覚器官の説明しかして来ませんでした。あと一つ五感
と呼ばれる「触覚」とは何だろう。この触覚こそが他の四つの感覚器官を支え、全身に
エネルギーをみなぎらせる「生命力」である。この触覚が世間で言うところの、第六感
(本当は四つしかない)とも呼ばれ、直感や霊感の不可思議な反応を引き起こすのが
触覚なのである。

触覚は全身の細胞に浸透しており、もし何らかの原因で、視覚が使えなくなったとして
も生命力(触覚)に影響するでしょうか。さらに聴覚も、何らかの原因で聞こえなくなった
としても、生命に別条ありません。嗅覚も味覚も、何らかの原因で感じなくなっても、生命に
何ら問題は無いはずです。そして、この四つの感覚器官の全てが働かなくなったとして
も、生命のある限り生き続けることが出来ます。これで視覚、聴覚、嗅覚、味覚の機能
は全て、触覚(生命力)に依存していることがお分かりでしょう。

もし、この触覚を99%取り除いたらどうなるでしょうか。その人は即座に昏睡状態に
陥り、四つの感覚器官は正常にあるにもかかわらず、全ての活動は停止します。残りの1%
で辛うじて身体を維持しますが、目、耳、鼻、口などは見たり聞いたり、嗅いだり、味わうこと
も一切できません。本人に意識が無いからです。この触覚こそが、本人が生きていると言う
実感を生み出すための基本的な生命力であり、これを1%取り除いたら、本人は永久に帰ら
ぬ人となります。これからも分かるように、触覚とは全細胞を司る生命エネルギーであり、
意識である。だから感覚器官は四つであり、触覚は感覚器官ではない。だからと言って触覚
は、他の四つと切り離すことは出来ないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。